批評

アートとデザインのありかを実践的に歴史的に検証すること。ものごとを単に否定、批判することではない。

  • [安倍 弘晃] 『日本独特の空間性を探る』
  • [津村 根央] 『散歩の味がする』
  • [西塚 沙織] 『対話を求めるアート —3.11以降に生まれた表現の系譜』
  • [横塚 成美] 『作家、作品からみる大正時代 —村山槐多をめぐって—』
  • [佐藤 碧紗] 『瞬評 —さらば曖昧なる「褒め殺し」評論たち』『瞬描 —絵でも文字でも「解読不可能」』
  • [石田 朱音] 『アートとしてのネオンサイン』
  • [ホウカエイ] 『ムサビ生in上海—展覧会を通じ、日本の芸術家が上海で評価される点を調査する—』
  • [清藤 千秋] 『ラナはアメリカに帰る—ヒップ資本主義と現代の自然志向—』
  • [森山 明子] 『デザイン・ジャーナリズム 取材と共謀 1987→2015』(美学出版)
  • [柏木 博] 『デザインの教科書』(講談社)